月別アーカイブ: 2015年6月

とある場所で、iBeacon運用開始

お客様から、iBeaconを使ったお手伝いをさせてもらいました。
それが、7月から運用開始となりました。
と言っても、契約上、これ以上は書くことができないのですが・・・。

内容は、
iBeacon + いろいろな事をマイコンで制御
携帯アプリとの連携はないので、ぱっと見た感じはiBeaconの仕組みとは気が付きません。

お客様は、全国展開も考えているみたいですし、
もしかしたら、うちの近くにもそれが・・・と考えると楽しみになってきます。

今回お手伝いして分かったのですが、
iBeaconは、アイデア次第で、いろいろなものに化けますね。

今回は、貴重な体験をさせてもらいました。

iBeaconの受信機をラズパイにしてみました

iBeaconとラズペリーパイとの連携になります。

ラズパイ2を購入、WiFiドングル、BLEドングルを挿します。
20150626_WIFI_01

サーバー側で簡単なデモを用意しました。
20150626_WIFI_02
20150626_WIFI_03

Beaconの電源をいれます
20150626_WIFI_04

こんな感じで認識します。
20150626_WIFI_05

ラズパイの端末に番号をつけて、サーバー側を作りこんでいけば、
iBeaconが、どこのラズパイを、何時に通過したか、これが認識できるようになります。

無料WiFiも増えていることだし、こんな使い方も面白いかもしれません。

iBeaconの受信機を考えてみる

iBeaconをウェアラブル端末にしてみる
で、それっぽく作ってみたのはいいのですが、
管理などを考えると、サーバーとの連携が必要になると思います。

すれ違いアプリなどを考えるなら、iPhone、iPadで受信して、サーバーと連携すればいいのですが、
その他の使い方を考えると、iPhone、iPadでは厳しいように思います。
(端末は高いし・・・)

そこで考えられるのが、いろいろなマイコンボード。
それらを受信機にできれば、安価で、小さくできるかと思います。

iPhone、iPadは、OSがアップデートされると(iOS7 → iOS8など)
アプリの更新、変更が発生する場合があります。
でもマイコンボードは、アップデートはないので、OSに依存しなくていいです。

で、今回はラズパイを使って、サーバーとの連携を作ってみました。

iBeacon と 100円ショップ製品 でウェアラブル端末っぽいのを作ってみました。

小さいiBeaconが欲しくて、それをいろいろな人に持たせたい。
これを実現するべく、小さいiBeaconを作ってみました。

試作として、
それを、100円ショップのシリコン時計と合体させることにします。

Mni_Beacon
20150626_mini_01

20150626_mini_02

それをこんな感じでケースに入れて、
20150626_mini_03

ダイソーさんで売っている、シリコン時計を購入
こんなのが100円で売っているとは驚きです。
20150626_mini_07

時計部分を外して(写真取る前に液晶を外したから色が違ってます・・・)
20150626_mini_04

3つ並べると、こんな感じ
20150626_mini_05

合体・・・。
20150626_mini_06

なかなかいい感じに出来ました。
これが評判よければ、本格的にシリコンリストを作ってみるとします。
(でも100円じゃできないよな~)

興味がある方は、ご連絡お待ちしております
お問い合わせページ